日本ミツバチ養蜂事業

「居心地が悪いとどこか行ってしまう。まるで気まぐれな”彼女”みたいな存在」

養蜂といえば、多くは蜜を効率よく運んでくれる西洋ミツバチがほとんどです。しかし、美浜プロジェクトでは養蜂業界の中でも「扱いにくい」とされている日本ミツバチを使って養蜂事業をしています。

「居心地が悪いとどこか行ってしまう。まるで気まぐれな”彼女”みたいな存在」とされています。

しかし、日本蜜蜂はずっと私たちと共存し、この日本の農業や美しい自然を守ってきてくれた影の立役者です。

事実、日本ミツバチが絶滅した場合、日本で食料の7割が生産できないと言われています。また、気まぐれで扱いづらさはあるものの、オーガニックの日本ミツバチの蜂蜜は希少で、高価に取引されます。

日本の自然環境と共に、農業と福祉の連携でも活躍をしてくれる期待を担ってくれているのが、日本ミツバチなのです。

ニホンミツバチに生体融合型光触媒トリニティーゼット®︎を使用し、強くエネルギーの高いミツバチを作ります。

春先に巣箱を設置したら、夏にいっぱいになり、箱を継ぎ足します。